働き方イロイロ

風俗嬢YouTuber・まりてんさんのインタビューを読んで考えたこと

投稿日:2021年9月9日 更新日:

少し前(2021年9月2日)の話になりますが「日刊SPA!」で、現役で風俗嬢として働きながらYouTuberとしてもご活躍するまりてんさんのインタビューを読みました。

出典:現役風俗嬢がYouTuberになった理由「楽しんでいる人もいることを知ってほしかった-日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1776260?cx_clicks_art_mdl=1_title

インタビュー記事はこちら

「人間くさい業界に救われた」新興宗教家庭に育った女性が風俗嬢になったワケ(日刊SPA!)

現役風俗嬢がYouTuberになった理由「楽しんでいる人もいることを知ってほしかった(日刊SPA!)

いやー、面白かった! と同時に、いろいろ考えさせられました。

インタビューからは、彼女が心の底から風俗のお仕事を楽しんでいることが強く伝わってきました。

YouTube「ホンクレch――本指になってくれますか?」を始めたのも「風俗の業界を楽しんでいる女の子もいるんだよ」と皆に知ってほしかったからだとか。実際、彼女のチャンネルを視聴すると本当に楽しそうです。

今回のコラムはちょっとマジメな内容になりますが、まりてんさんのお話を読んで思ったことを語ります(普段は不真面目な内容ってわけじゃありませんよ、念のため)。

シンデレラFCグループの風俗バイト求人

風俗業界に入って人間くささに「救われた」

まりてんさんが風俗業界に入ったのは、幼少時代の家庭環境の影響が大きかったそうです。

母親がある新興宗教にハマったせいで小3の頃から抑圧された生活を送っていたという彼女。大学に入って一人暮らしを始めたのをきっかけに、その反動で手当たり次第に男性と関係を持つようになり「だったら仕事にしてもおんなじ」と風俗の世界に飛び込んだのだとか。

――と要約するとありがちな話にも聞こえますが、私が感銘を受けたのは、例えば彼女が語ったこんな言葉でした。

「良くも悪くも人間くさい業界(筆者註:風俗業界のこと)に、私自身が救われた部分があって……」

風俗で救われた、ってどういうことでしょうか。

まりてんさんは現役キャストとして今も風俗店で働いていますが「エロが好き、とかよりも、ピロートークが好きなんです」だとおっしゃっています。

風俗ってハダカ同士のお付き合いなので、男性の本音がポロッと出ちゃったりしますよね。つい弱音を吐いてしまったり、愚痴を言ってしまったりとか。そんなドロッとした人間くさい風俗の世界に、まりてんさんは居心地の良さを感じるのだそうです。

お客さんも、基本的には、性的なサービスを受けにきているのですが、本当に解消してほしい部分って、必ずしも性欲とは限らないんですよ。特に定期的に通われる常連の方は、心に何かを抱えているケースがある。私は、そこをどう紐解いていくかを目指しているんですよね。

こんなふうに堂々と語れるのって、ホント素敵だと思います。

少女時代は周囲の大人たち(宗教関係者)にうわべだけの美しい世界を信じ込まされる毎日に疑問を抱いていたという彼女。だからこそ人間の本質を理解できて、お客様をより深く癒してあげられるんでしょうね。

風俗で楽しく働くための取り組みとは

インタビューを読んで、まりてんさんって「真のセックスワーカー」だなと私は強く感じました。

セックスワーカーというのは、ざっくり言うと「自分自身の行為・外見・イメージなどを、他人の性的欲望の対象として売ることを仕事としている人」です。

セックスワーカーの健康と安全のために活動するグループ「SWASH(Sex Work And Sexual Health)」が編んだ書籍『セックスワーク・スタディーズ』(日本評論社、2018)は、セックスワークをこのように定義しています。

奴隷や人身売買や結婚というシステムに含まれる売春と、仕事としての売春をはっきり区別しようという、働く側の意識から生まれた言葉が『セックスワーク』だ

そう、風俗は「お仕事」なんですよね。

「当たり前じゃん!」って言われるかもしれませんが、だからこそ、まりてんさんのように“楽しみながら仕事する”という発想が大事なんだと思います。

とは言え、風俗のお仕事に、まだまだ偏見が多いのも事実。

風俗への偏見は(残念ながら)これから先も完全になくすことはたぶんできないでしょう。だって、小中学生の将来なりたい職業ナンバー1が「風俗嬢」になるとか、おそらくあり得ないじゃないですか。もしもそうなったら、私だって「おいおい、日本大丈夫か?」と思います(そういえば「キャバ嬢」が1位だった時代もありましたが)。

でも、でもです! 風俗嬢だって、生身の人間。そうした偏見は完全になくすことはできないとしても、できる限り減らしていかなくてはなりません。

まりてんさんは現在、風俗嬢のスキルアップのための講習会を開いたり、風俗で働く人のお悩み相談を請け負ったり、ということもおこなっているそうです。

こうした取り組みは、風俗にかかわる人たちの意識をきっといい方向に変えていくことでしょう。そうすれば、風俗のお仕事を楽しめる女の子がもっと増えるはずです。そして(まりてんさん自身がそうであったように)風俗に救われる女の子たちが増えていくに違いないと期待しています。

風俗業界全体としてもさまざまな取り組みが行われています。例えば、上述したSWASH(スウォッシュ)はその例ですが、他にも風俗嬢が無料生活・法律相談を受けられる「風テラス」のような団体もあります。また、売れっ子風俗嬢が得た報酬を、貧困風俗嬢支援に充てる活動をおこなっているセックスワーカー基金「レッドアンブレラファンド」などもその一例でしょう。

まとめ

最後にひと言。

私としては、風俗業界が変わるには社会が変わらなくてはダメだとも思っています。

日本はジェンダー意識が低いとよく言われますよね。実際、男性が女性を見下したり、モノ扱いしたりする傾向が昔からあります。

風俗でも、女の子に対してお客様がそういう態度をとってしまうのも、男女差別の意識がまだまだ根強いからなのでは――というのが私の個人的な意見です。風俗業界を良くしていくためには、お客様の意識が変わることも必要ではないでしょうか。

ちなみに、シンデレラFCグループも風俗業界を少しでも良くしていくように色々なことに取り組んでいます。
風俗にかかわる一員として、「わたでき」を通じて女の子に役立つ情報を発信していきたい!とインタビューを読んで改めて誓った私、蒼井マリでした。


問い合わせ・応募

シンデレラFCグループで働きたい方を大募集

18~40歳位までの女性で今すぐお金が必要な方・風俗未経験で不安を感じている方など、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。質問だけでも大歓迎です。

風俗経験のある女性オペレーターが、24時間対応で通常5分以内に返信いたします。

勤務地は横浜・池袋・新宿・吉祥寺・新橋・品川・五反田・錦糸町・葛西・西川口の中からお選びいただけます。

「コラム見ました」とお伝え頂けるとご案内がスムーズです。貴女からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

\ 10秒で完了します /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mariaoi

短大を出て広告会社に就職したものの、OLのお給料だけでは厳しくて風俗デビュー。ヘルスとオナクラで働いているときに、縁あってわたできでコラムを書かせていただくことになりました。風俗で働く女の子を応援する記事を発信していきます。ゲームが趣味のアラサーです♪

トレンド記事

1

今すぐ問い合わせてみる! 突然ですが、質問です はじめまして、サイト編集長のマイです。もしかして、こんな思いしていませんか? こんな思いから、お店探しをしているとしたら… ちょっと待ってください。 ↓ …

エステ 2

今すぐ話を聞いてみる! お給料・保証金額 上の表にある通り、シンデレラグループには4つのエステブランドがあります。 ブランドの詳しい話は後でしますね。 お給料とは?風俗エステでのお給料は、&#8221 …

オナクラって? 3

  今すぐ話を聞いてみる! オナクラとは? オナクラはオナニークラブの略称で、1番ソフトなお仕事と言われています。 基本プレイは2つだけ。 お客さんのオナニーを見る 手で抜いてあげる(手コキ …

-働き方イロイロ

Copyright© わたできコラム|風俗バイト求人 , 2021 All Rights Reserved.